関西お笑い劇場鑑賞ガイド


スポンサーリンク

いとし・こいしを始めとして多くの親類関係にある漫才コンビというのも存在します。

 

産まれてから築いたコンビの息は養成所から結成したコンビとはまた違ったものを持ちます。

 

ここではそんな兄弟や双子などの親類関係にあるコンビを紹介します。

兄弟・姉妹でコンビを組んでいる

中川家
M−1初代チャンピオンとして漫才の実力だけでなく、
モノマネやトークにも定評のあるコンビ。

 

兄である剛は犬のモノマネを得意とし、
弟は鉄ヲタやラグビーの審判のモノマネなどでも有名

 

海原やすよともこ
祖母と父が漫才師という系譜を受け継いだ姉妹。

 

姉のともこの夫は元・男闘呼組の前田耕陽、
妹のやすよの夫はオリックスバファローズの投手であった宮本大輔。

 

最近では「やすとものどこいこ?」での豪快な買いっぷりで人気が上がっている。

 

ビタミンS
お兄ちゃんとマイコの男女コンビ、コンビ名の由来は弟の名前から、
弟は大阪福島にて藤山ドラゴンという居酒屋を経営。

 

マイコは藤原紀香の格闘技イベントでの受け答えのモノマネが有名で、
お兄ちゃんは競馬予想を得意とする。

 

ミキ
よしもと漫才劇場で活躍する兄弟コンビ。
兄・昴生(こうせい)と弟・亜生(あせい)で
「あーせい、こーせい」という冒頭からドタバタの漫才が展開される。

 

当人曰く「平成のいとし・こいし」を目指していると豪語するが
芸風は真逆のこれから注目の存在。

双子

吉田たち
白いスーツが特徴的な青のネクタイの兄ゆうへい、赤のネクタイの弟こうへいの漫才コンビ。

 

2017年によしもと漫才劇場を後援する上方漫才協会の「上方漫才協会大賞」や
読売テレビの主催する「ytv漫才新人賞」優勝など今年注目のコンビ。

 

Dr.ハインリッヒ
NSC27期生の双子姉妹コンビがDr.ハインリッヒ。
姉の彩と妹の幸で女性芸人トップクラスの美貌を持つ存在。
ダウンタウン松本も評価した漫才にも注目が集まっている。

いとこ

なすなかにし(いまぶーむ)
松竹芸能のいとこのコンビが中西と那須の「なすなかにし」、
一時「いまぶーむ」に改名をして活動をしていたが現在は元の名にもどり「なすなかにし」に。

夫婦

宮川大助・花子
笑いの殿堂・なんばグランド花月のトリを担うベテラン漫才師として
活躍する夫婦漫才師が宮川大介・花子です。

 

お祭り男の宮川大輔とは違うカバに似ていて顔が大きな大介と
元婦人警官でマシンガンのようなしゃべりでまくし立てる花子のコンビ

 

かつみ?さゆり
太平シローを師匠にもつ太平かつみと桂三枝を師匠に持つ尾崎小百合が
結婚しコンビとなったのが、かつみ?さゆり。

 

毎日のように自宅ポストに督促状が届くほどの借金を抱えるも
ポジティブで明るい芸風が特色。

 

?さゆりの方はピアノの演奏が特技で全国ネットのテレビでも活躍をしている。

 

カスターニャtantan
若手の夫婦コンビ(嫁・たまちぇると夫・バン)、
カスタネットを使った漫才を中心にして活動している。
オールザッツ漫才での夫が妻の胸を触るというネタで注目される。

スポンサードリンク


 
鑑賞入門 劇場以外 劇場案内 番組でチェック