関西お笑い劇場鑑賞ガイド


スポンサーリンク

通常興行と単独ライブの違い

お笑いライブの種類として、常設の劇場で行われる「通常興行」と通常とは違う時間帯に行われたり別の会場やホールで行われる「単独ライブ」、大喜利やトークイベントなどのその他の興行に分かれます。それぞれの違いを説明していきましょう。

通常興行は定番のネタや人気のネタが楽しめる

通常興行は、なんばグランド花月(NGK)や道頓堀角座でほぼ毎日行われるタイムスケジュールの決まった公演になります。

 

各組が5分から15分の持ち時間でネタを行います。特徴としては定番のネタ・鉄板でウケるネタ・旬なネタなどを中心の行うことが多いのでテレビで観ているあのネタを観たい!と言う方にはオススメのライブになります。

 

単独ライブは好きな芸人の新たな一面やトークを楽しめる

芸人さんによっては年1回や数ヶ月に1回のペースでその芸人さんを中心に新ネタやコーナーを行う「単独ライブ」があります。

 

好きな芸人さんの新たなネタやトークやユニットコントなど違う一面を見ることができる機会になっています。

 

最近ではDVDで発売されるケースも多いですが、その場限りの収録できないネタなども行われる場合もありますので有名な芸人さんやライブの定評のある芸人さんのチケットは売りきれることが多いですので、チケットは早めに確保した方が良いと思います。

それぞれの特長を活かしてライブを選ぶ

それぞれに特長がありますので、自分の好みやそのときに気分に応じて選んでいただければと思います。はじめてお笑いライブに行くという方は通常の興行を最初に観るのが自分の知っているネタに出会える可能性が高まりますので個人的には無難だと思います。

スポンサードリンク


 
鑑賞入門 劇場以外 劇場案内 番組でチェック