吉本新喜劇の観ることのできる関西の劇場

大阪でのお笑いの楽しみ方

最近では全国各地でテレビ放映もされている「よしもと新喜劇」。

大阪や京都で生で見ることも可能です。

場合によっては収録の日に立ち会うこともできます。

ここでは吉本新喜劇を観ることのできる劇場を紹介します。

なんばグランド花月(NGK)

1年365日トップクラスの笑いを楽しめる劇場なんばグランド花月(NGK)では毎日吉本新喜劇を楽しむことができます。

毎日昼間3回から4回公演で新喜劇を楽しめます。

劇場入口には新喜劇グッズを取りそろえたお土産屋もあります。

なんばグランド花月の劇場案内

よしもと漫才劇場

毎週土日に「よしもと漫才ライブ」と称してNGKなんばグランド花月と同様の形式のライブを楽しむことができます。

新喜劇もありますが、出演メンバーが乳首ドリルでおなじみの吉田裕や清水けんじなど次世代の座長候補を中心にしたメンバー構成になっています。

NGKとは違い舞台までの距離が短いので臨場感をより楽しむことができます。

よしもと漫才劇場の劇場案内

祇園花月

八坂神社前にある元・映画館の祇園花月でも毎日新喜劇が行われています。

ほかの場所と違い「あさあさ新喜劇」や「よるよる新喜劇」など新喜劇単独での公演も定期的に行われています。

また年に1度程度、辻本茂雄座長の得意役「茂造」のオリジナル公演も行われる劇場でもあります。

伝統ある建物あるため桟敷席などもあり独特の雰囲気を醸し出しています。

よしもと祇園花月の劇場案内

道頓堀ZAZAよしもとライブ

実験的なライブや単独ライブなどが行われているZAZAでも新喜劇の実験的な公演が行われています。

不定期ではありますが、若手のみによる新喜劇に新しい形を最初に目にできるチャンスでもあります。

道頓堀ZAZA(ZAZAよしもとライブ)の劇場案内

コメント

タイトルとURLをコピーしました